Macでフリーゲームをやる方法−ワインボトラー−

ゲーム, パソコン関係, Mac

Macを使っていると、Windowsは起動できないと思っている方が多いのですが
ぶっちゃけると、そんなことはありません。

モノさえ入れれば、Windowsを起動することも出来るのです。

まずは、お金を持っている人へのWindowsの起動の仕方から
私みたいに金欠で、かつWindowsをメインに使わないヒトのための方法を書いていきます。

 

スポンサードリンク

 

お金を持っているヒト向け−Windowsを導入する

ぶっちゃけお金を持っている人はWindowsを買えばいいと思うし
それ以外にも、MacでWindowsを起動する方法はあります!!

 

1.BootCamp

HDDやSSDを分割して、開いた所にWindowsOSをインストールします。
起動時に、どちらを起動するか選べるようになりますので
Windowsをメインで使いたい人向けです。

 

2.ParallelsDesktop

Windowsを起動するエミュレーターです。
これにもWindowsOSを買わなきゃいけないですけども
Macを使いながらWindowsもいじれます。

ただ、結構重くなりますので、MacBookPro以上のスペックで使うのを推奨します。

 

3.CrossOver

ちょっとWindowsのソフトを使いたい時に使えるAppです。

ただし、試用期間が2週間位しかなくて
その後は有料のソフトになっちゃうので、お金を持っている人向けです。

 

 

 

お金がない俺達のためのやり方

ここまではお金がある人のためのソフトです。
でも、ここからは無料で、Windowsのソフトを動かす方法をご紹介します。

ただし、オンラインゲームや重いWindowsソフトを動かすのには向きません。
私も、試したわけではないですが、PCゲームも少し危うい気がします…。

ただ、フリーゲームをやる分には、全然困りませんので
ニコ生などで、配信をしたいと思っている人にとっては問題なく動きます。

 

 

1.ワインボトラーを用意する。

Macでフリーゲームをするためには「ワインボトラー」というアプリを使います。
これは、Windowsの「exeファイル」を使えるようにするアプリです。

 

上のサイトからワインボトラーをダウンロードして
インストールします。(アプリケーションフォルダにドラッグアンドドロップ)

 

2.起動してみる

2つのファイルがダウンロード出来るのですが、その中の「wien」と書かれた方を起動します。
するとメニューバーにwienが出てきます。

 

起動できたらwienのところをクリックして、「Prefix」を作成します。

 

Wienメニューバー

図の部分の「Change Prefix」をクリックします。

すると以下の図が出てきます。

Prefixメニュー

「Add」をクリックして任意の名前を設定します。
この時の注意としては「半角英数字」で名前を着けましょう。

 

次にメニューバーに戻って、言語の設定をします。

Wienメニューバー言語

 

これをクリックすると、以下の画面が出てくるので、検索バーに「ipa」と入力します。

 

Win日本語

この2つにチェックを入れたら、「Apply」を押して下準備は終了です。

 

3.各種RPGツクールツールを導入する

フリーゲームをやるためには、RPGツクールのRTPが必要になります。

以下のサイトから適応しているものをダウンロードしてきます。

 

 

ダウンロードしたzipファイルを解答して「setup.exe」をダブルクリックします。
気になる方は、右クリックして、このアプリケーションから開くで「Wien」を選択します。

画面に従って次へを選択してセットアップを完了させます。

 

4.フリーゲームをダウンロードしてプレイする

これで、フリーゲームをプレイすることが出来るようになっているはずです。

 

 

お好みのゲームをダウンロードしてきて、ファイルを解答したら
「geme.exe」か「exe」となっているファイルをダブルクリックします。

あとはゲームをするだけです。

 

(5).ゲームパッドを適用する

Macには「Joypad」なんて入っていなので、「USB Overdrive」というのを使います。

 

起動すると、購入するように勧めてきますが、10秒待てば「Later」で飛ばせます。
うざいのは、PC起動時に起動するので、その時も勧めてきます。

「Later」で飛ばします。

 

システム環境設定から「USB Overdrive」を選択します。

システム環境設定_と_RPGVXAce_RTP100

10秒待って、「Later」を押すと、以下の様な画面になるので
各種項目を設定する。

 

USB_Overdrive

 

画像が小さいので、拡大して下さい(;´∀`)

 

 

(※)注意点

起動したフリーゲームはかなり大音量です。
音量注意です。

 

当方のゲームは起動を確認していますし
ちゃんと遊ぶことができます。

 

エロゲとかのDVDから起動するタイプのものは確認していません。
起動してもカクカクだと思われます。

 

オンラインゲームは起動しても確実にしっかり動くことはないと思います。
試していませんけどもね…

最悪ファイルが壊れるので、入れないようにしましょう。

 

 

まとめ

これはあくまでもMacユーザーがフリーゲームをやるための方法です。

オンラインゲームなどの重たいソフトを動かしたいのであれば
Windowsを買うことを強くオススメします。

Macでオンラインゲームをやりたいとなっても
結局、WindowsOSを購入してBootCampで動かすしかないですからね!!

 

あと、不必要にファイルを入れるとウィルスに感染します。
目的のものだけを選りすぐってお楽しみ下さい!

スポンサーリンク