元ガールズバー店員が教える指名客・固定客の作り方

2017年7月9日日常, 元ガールズバー店員が教える

久々に元ガールズバー店員シリーズ行きます!!

今回は店員さん向けだけど
誰もが知りたがっている指名客や固定客の作り方について書いていきますよ!!

 

ただ、勘違いしないで欲しいのはあくまでも一例であって
他にもつくりかたは色いろあるっていうことね。

 

難しい話だけども、人には合う合わないって必ずあるから
ここに書かれていることが全てじゃないってこと。

 

じゃあ、早速行くね!

 

どうして客が来るのか?

まずはどうしてお客さんがお見せに来るのかを考えて欲しい。
というのも、慣れてくるとお客さんがお見せに来る目的をないがしろにしちゃうから

はじめのうちはどうしていいか分からないから、お客さんが出来ないけど
慣れてくるとどうやって客を引っ張るかでアタマがいっぱいになるからお客さんが出来ない。

 

お客さんがお店に来る目的は「なにか楽しいことないかな?」っていう好奇心

 

これを忘れるとお客さんは1回しかお店に来ないし
お店自体も「あいつ落ちてるな」って思われちゃう。

 

お客さんがお店に来るのには必ず理由と目的があるのね
お腹がすいたから美味しいものを探しているし
時間が余って暇だから楽しめることを探している。

 

お客さんの目的を見誤ると、修正するのはとっても大変だから
まずは私が一番楽しませないとっていう意識が大事

 

これは、新人でもベテランでも条件は同じことだからね

 

スポンサードリンク

 

お前が楽しめない店にお前は行くか?

さっきも言ったけど、お客さんは楽しいことを探してお店に来てる。

この目的を再確認するだけで5割は話は終わってる。
それだけお客さんの立場に立つっていうのは大事なことなんだ。

 

でも、やっぱり小手先の技術は多少必要かな

 

新人のうちは物珍しさで客がつくけど
1ヶ月もすればお客さんは引いていくから、その間にどれだけお客さんの心を掴めるか…

 

勿論、心を掴むだけじゃ初見さんには対応できないから
だから小手先が必要になってくる。

 

でも、やっぱり一番の念頭に置いて欲しいのは
お前が楽しめない店にはお客さんは来ないって言うこと

 

 

小手先の技術一覧

 

色恋

私は推奨しないけども、うまく立ち回れるのであれば一番お客さんがつきやすい方法
勿論、営業メールをバンバン打たなきゃいけないし
バッティングすれば火消しは面倒くさい

アフターの誘いもウザいほど来るし
正直、私はノーサンキュー

 

割りきったつきあい方が好きな人にはあんまりオススメできないかな
ごめんね

 

ハイテンション

一番やりやすくて、それなりにお客さんもついてくれる方法。

 

デメリットを上げると、ものすごく疲れる(;´∀`)
マジでこのハイテンションで78時間は長く続けられない。

 

サボれるときは真面目にサボることを覚えないと
絶対に眠くなるし、酔いのまわりもはやい

 

 

優しい言葉(ちょっとできる女イメージ?)

 

これがハマる人ってなかなか居ないんだけど
ハマる人はその後絶対に指名をくれる確率は高い方法

コツを教えると、理論建ててしゃべることかな

 

男だからこそ言えることだけど、男は感情論を嫌う
言ってることは分かるのだけども、割にあわないと考えてしまう。

 

でも、理由を並べると同感を引きやすいし
そういう発想もできるって思ってもらえる。

 

年配の人なんかは、そういうのを見ると「できる女だね」なんて言ってくれるから
謙虚にならずに「腕ですよ腕」なんて言うと笑ってもらえる(´∀`)

 

ゲームの話や協力プレイ

ゲームをやっている人口は圧倒的に男性が多い。

女性はあまり好まないかもしれなが、
バイオハザードとかGTOとか一度はやったことがある。

 

ゲーム人口でとっつきやすいのはモンハン。
どうしてもクリアできないクエストがあるとか言うと食いついてくるし
逆にめちゃくちゃやり込んでても食いついてくる。

 

プレイ中は喋る内容も限られてくるから
喋る内容も考えなくていいっていう一石二鳥w

 

ちなみに、ポケモンでコテンパンにすると次から来ないから
ポケモンの場合はちょっと接待するか
「ガチポケ廃ですけやります?( ̄ー ̄)ニヤリ」と了解を取っておこう

 

ドジる

これは普段からやってもウケない。
しかもやり過ぎると他のキャストからも反感を買う…。

ぶっちゃけマジで意識しないでドジることが大事

 

これは私が実際にやらかしたドジだけども

・コードに足を引っ掛けて、テレビの電源とか消しちゃった

・机の角に脇腹をぶつけて悶絶(かなり心配された)

・ダーツを投げて失くす

・注文ミス(2ヶ月で1回あるかないかくらいの超珍しいドジ)

 

軽いドジじゃなくて、ドジるときはマジでドジッたほうがいい
あとあとネタにもできるし、普段から真面目にやっているとフォローもされやすい

 

ちなみに、机の角に脇腹をぶつけた時はマジで痛かった。
あとアタマをぶつけたこともある。

30秒位マジで悶絶した…

 

アフター・同伴

信頼のできる人とアフターや同伴に行くのもテクニックの一つ。

ただし、一人で行くのは絶対に良くない。
新人の場合は特にだけども、身の危険があるから

 

私の場合は、男と分かっている人しかアフターや同伴はしなかったし
初めて同伴に行く場合は他の子と一緒に行くようにしてた

 

危機管理が出来ない場合は絶対に行かないほうがいい

 

客によって態度を変えると面倒くさい

どんな客が来ても基本のスタンスは変えないほうがいい
と言うのも、常連でもない限りいちいち客の顔なんか覚えていないからだ…

 

前とキャラ違うくない?とか言われると取り繕うのが煩わしいし
他の客と扱いが違うなと思われたら、その瞬間客は離れていく

 

だけど、基本のスタンスは崩さなくてもいいけど
客の態度によって態度を変えるのは小手先のテクニックだと言えるかもしれない。

 

クソ客にはクソ客なりの対応方法があるけど
それはまたの記事に書こうかな

 

嘘をつかない

嘘をつくことは基本的には必要なことだけども
必要のない場所で嘘をつくとすぐに客は離れていく

住所なんかの個人情報はマジで嘘ついて
危ないから

 

でも、「俺のこと好き?」とかに対して
嘘をついてまで「好き」と返す必要はない。

 

自分が彼氏に嘘をつかれた時にどういう気持になるかを考えれば
その嘘の息苦しさが分かるだろう。

 

ぶっちゃけ私の場合は性別自体を偽ってたけども
それでも相手を楽しませるという目的があったからこそ苦ではなかったかな

 

と言うか、実際には女の子になりきっていたわけだから
完全に嘘をついていたワケじゃないのさ!!

 

絶対的NG行為は枕

経験からも言わせてもらうが「枕行為はNG」だ

一番はお店に嫌われる。
と言うか、社内規約で禁止している所が一般的だ。

単純に言うと、そういう営業をかけていると店が摘発される。
一発で営業取り消しになるから、発覚したら即クビだ。

 

他のキャストからも嫌われる。
お客さんにとっては、枕をやっていない子も「この店の子ならすぐに股を開く」と思われる。

だから、そういうイメージが自分に付くのをひどく嫌がるのだ。

 

あと単純に性病になるし
客から迫られることも多くなる。

ハイリスクローリターンすぎるので、枕営業は絶対にするべきじゃない

 

悪い言い方をすると、お客さんの扱い方を知るっていうことだけども
基本的に目的を見失わないことが一番相手にとってのメリットになる。

興味本位できた客を、自分と居れば楽しいと思わせればいいだけのことで
逆に自分は絶対にお客さんを楽しませられるという自信を持たなくちゃいけない

 

小手先のテクニックは、その基本をしっかりと抑えられているからこそ効果を発揮する。

 

2ヶ月目でお客さんが取れないと嘆いている人は
お客さんの目的意識を考えていないことが多いから、もう一度振り返ってみることをオススメする。

スポンサーリンク