亀に寄生する新種の寄生虫「バラクトレマ・オバマイ」

, 解説

%e3%83%90%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%9e%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e%e3%82%a4

 

亀の肺などに寄生して吸血をするという新種の寄生虫が発見されました。

発見したのはマレーシアで、カメの寄生生物の専門家であるトーマス・プラット氏

 

この新種は「移動するのに驚くほどの障害に直面し、成長と繁殖のため宿主の免疫系と闘わなければならない」とプラット氏に評価されました。

 

そして、名づけられたのが「バラクトレマ・オバマイ」です。

 

スポンサードリンク

 

なんか聞いたことがあるなと思った方はニュースを良く見ていますね。
名前のモチーフとなったのは、アメリカのバラク・オバマ大統領です。

 

%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98

 

この新種の寄生虫が発見されたのは2016/09/08で、寄生虫の性質がオバマの評価に似ている所から来ています。
またプラット氏の祖先がオバマ大統領と親戚に当たるということでこの名前にしたというのです。

 

 

オバマ大統領の名前がついているのは寄生虫だけでなくオバマドンという古代のトカゲにも使われています。
オバマの名前が色々つけられるのは、オバマ大統領にとって名誉なことなのかどうなのか…ww

 

まさか寄生虫にまで名前が使われるなんて思わなかったでしょうねw

 

バラクトレマ・オバマイは人間に感染すると悪さをするようですが
感染経路までは明記されていませんでした。

 

って言うか、オバマのニュースで一色でした…

スポンサーリンク