ウィジェットや3Dタッチで本当に使えるアプリ

パソコン関係, iOS

6から新たに追加された3Dタッチや、iOSのアップデートでウィジェットが追加され、
対応しているアプリを入れることで本当に便利に使えます。

今回は自分が使った上でこのアプリならと言うものを紹介していきます!

 

スポンサードリンク

 

ウィジェット編

ウィジェットはホーム画面で一番左へスワイプするか、
画面の上から下にスワイプする事で呼び出せるダッシュボードの中にあります。

ロック画面でも使えるものがあるので、いちいちロックを解除しなくても良いのが魅力です。

I LAUNCHER

無料で使えるランチャーアプリの中でも登録しておけるアプリが多いです!

システム等のランチャーはもちろんのこと
ワンタップコールの登録や、インデックスされないアプリもURL スキームを入力することによって登録出来ます。

この手のアプリはアイコンは変更できないことが多いんですが、アイコンも変更できます。
もちろん、無料で!

DETAATA USAGE – CELLULAR

自分の通信量をチェックすることのできるアプリです。
ウィジェットでの確認はもちろんながら、アイコンでもお知らせしてくれるところが嬉しいです!

まぁ、ほとんどの人が20GB使ってるからあまり必要としない人の方が多そうですね

 

FAPOS

ウィジェットに置いておくことで、いつでもツイートをすることが出来るアプリです。

タップするとアプリが起動し、左から右へスワイプするとツイートすることが出来ます。

でもツイッターは他人のツイートを見るのも面白いので、活躍頻度は少なめです(^_^;)

 

コピペ+

コピーした文章や単語を記憶してくれるアプリで、ウィジェットに表示されている履歴をタップするとコピー出来るものです。

文章作成する人にとっては必須と言ってもいいアプリです!

 

 

ゴミの日

ゴミの日を通知してくれるアプリです。
登録しておけばプッシュ通知もしてくれます。

今日はどうだったかな?と思った時にサッとチェックしたり、
他のウィジェットを見た時にチラッと見た時にハッとすることがあります。

 

VIDGETS

iPhoneの情報をウィジェットで確認することが出来ます。

確認できるのは、時間や残りメモリだけでなく、曜日や天気や温度なども見ることが出来ます。

ちょっと幅を取るのがたまにキズですけどね(^_^;)

 

3Dタッチ編

3DタッチはiPhone6から追加された機能で、
強く押すことによってアプリに対応したショートカットを起動できたりします。

ツイッター

サッとツイートなどを投稿したりすることが出来ます。

一番便利だなと思うのはQRコードです。
自分のツイッターの共有や相手のツイッターを登録する時にすごく便利ですよ!

myThings

今話題のIFTTTのアプリです。
自分で設定を作れるアプリで、例えば雨が降りそうだとラインに通知など色々な機能が使えます。

そしてボタンを押すと〇〇するなどの操作を3Dタッチから行えるので実に使い勝手がいいです。

操作を自動化出来るのが実にいいですね。
まだ使える機能こそそこまで多くは有りませんが、入れておいて損のないアプリと言えるでしょう!

 

 

Launcher

こちらはウィジェットで紹介するか迷ったのですが、
無料ではかなり制限されているアプリなので3Dタッチの方が真価を発揮すると思いこっちにしました。

 

ウィジェットとしても優秀ですが、3Dタッチを使うことでホーム画面でランチャーを起動できます。

無料でも8つくらいのアプリを登録でき、スキームを使うことで好きなアプリも追加。

それをダッシュボードを開くことなくホーム画面で起動できるのは本当に楽です。
是非入れておいて損はないですし、プロにアップデートするのもいいかと思います!

 

 

まとめ

量は少ないですが、本当に使うアプリはなかなか少ないものなのです。
だから、とりあえずこれさえ入れとけば大丈夫ってアプリを紹介いたしました!

またいいアプリがあたらしく出てきたら嬉しいですね!

スポンサーリンク