iPhoneの充電端子がタイプCになる。困らない。

パソコン関係, Mac, iOS, ニュース, 社会

appleはiPhoneの充電端子もtype-C端子にすることを考えているというニュース記事が目に止まった。

記事の内容は、type-C端子になったら困ると言う内容だったんだけれども、正直に言えば困らない。むしろ大歓迎である。

 

スポンサードリンク

 

type-Cになっても困らない

 

iPhoneの充電端子がtype-Cになったところで、困る人はそんなに多くはないだろう。
というのも、Macがすでに浸透してきているからだ。

私も使っているMacBookの充電はすでにtype-Cに置き換わっている。

このtype-CにUSBをつなごうと思うと、専用のハブが必要になってくるなど、正直扱いには不便さを感じてている。

 

iPhoneをつなぐのでさえも、ハブが必要になってくるのは正直煩わしい。

ならばいっその事Apple製品だけでもtype-Cに統一してくれたほうが、ありがたい。

 

 

前々から予告はされていた

 

iPhoneの充電端子が変わるというのは、新しいMacBookの充電端子がtype-Cで出るというときにはすでに言われていたことだ。

しかも、type-Cの謳い文句は次世代型だ。置き換わるのは当然のことだし、iPhone以外のスマートフォンだって端子をtype-Cにしているものがある。

むしろ、iPhoneがtype-Cになるというのは今更感がある。遅いくらいだ。

 

 

時代の流れは加速する

 

type-Cごときで困っていては、この先の時代の流れに溺れてしまう。

そもそも、端子が置き換わることはさして重要ではない。
なぜなら、今は端子をささなくてもワイヤレスで充電が可能だからだ。

 

 

データのやり取りだって、クラウドを使えばワイヤレスで行えるし、Apple製品同士のやり取りであればAirDropを使えばワンタップで行える。

将来的にはワイヤレスが主流になってくるのは、見えているのに、たかだか端子が変わることくらいで騒いでいられては、ここからの産業革命が遅れてしまう。

 

まとめ

 

type-Cが悪者みたいに書かれている記事がとても多いけれど、type-C端子はこれからの主流になってくる。
そして、次世代の主流はワイヤレスになってくるのは、もはや目に見えている。

そもそも、type-Cの充電コードなんかLightningケーブルとさして変わらない値段なのだし、サードパーティ製で探せば安いものもある。

今はダイソーですら、type-C端子が売られているのだから…。

だから、不安に思うことは何一つないし、Macを使っていればtype-C端子の良さが分かってくるはずだ。

早く切り替わってくれ!!!

スポンサーリンク