銀魂実写版を見た感想 お金使ってる!!!

アニメ, マンガ, 映画, サブカル

銀魂の実写版を見てきました。
公開前から非難はあったけれど、言うほどコケないような感じになっていたのでレビューします。

 

スポンサードリンク

 

演者の違和感はほとんどなし

坂田銀時役に小栗旬さん
新八役に菅田将暉さん
神楽役に橋本環奈さん

他にも豪華キャスト陣で揃えられた今回の演者を監督するのは勇者ヨシヒコシリーズの監督である福田雄一さん。

 

よくアニメや漫画の実写化をすると叩かれる昨今の風潮なだけに、今回も結構荒れた感じがしましたが
役者さんの演技や演出はかなり原作に近いんじゃないかと思いました。

と言うか、役者さんがすごく活き活きとしていたのは何でしょうねww

 

一番最初は出落ち

一番最初にカブトムシを取りに行く形で、新撰組とかの紹介が入ったんですけど

中村勘三郎さんになにやらしてんの??!!って言うくらい驚きの出落ち。

 

近藤勲役の中村勘三郎さんがパンツ一丁で前身テカテカ。

中村勘三郎さんもよくこのオファーをOKしたなって感じの出落ちです。

 

他にも沖田総悟役を演じる吉沢亮さんなんかは初っ端カブトムシのキグルミ。

しかも妙にリアリティがあって、あのキグルミ他のどこで使うんだろうと思ってしまいましたね。

 

 

勇者ヨシヒコ感は健在

勇者ヨシヒコが好きな人はイメージしやすいと思いますが、勇者ヨシヒコの冒頭の山賊と出会う感じで新撰組と出会うんですよね
それが妙にシュールというか、日常の一コマすぎて面白かったですねwww

なんか映画なのにこんなにチープでいいんだろうかみたいな感じです。

冒頭は本当に出落ちですねwww

 

危ないネタが盛り沢山

原作と同じく、かなり際どく攻めてます。

言葉の端々に他の作品の名前が出てきて、ピー音も入ってるくらいです。

DVD版だとピー音消えるんですかね…

 

例としては

「ズラズラってコマさんかな?」

「あれ?赤い彗星の人ってこんなに太ってたっけ?」

「これナウ○カだよね!!ナウ○カいいの?そろそろ本気でやばいよ!」

とかwwww

 

赤い彗星のシャアとか、赤ザクが出てきた時には、またサンライズさんに怒られるぞとか思ってましたけど
直後にナウ○カ出てきちゃうんだもんね。もはや原作より怒られるかもしれないねwww

 

後半はかなりお金使ってる感じ

今回はキャラクターの紹介からの紅桜篇で、そのCG技術にかなりお金を使っているなって感じです。

まぁ、比べる先が勇者ヨシヒコなんでお金がかかっているのは当然なんですけども、ほぼ原作そのままのストーリー展開だったり動きも原作に合わせているなという感じがしましたね。

やっぱり巨大タイトルはかけるお金が違うというか、スポンサーが着きやすいというか

なんだかんだ銀魂ってすごいんだなぁ とか関心しましたねw

総評

空知先生自身はコケてネタになるくらいがちょうどいいと言っていましたが全然コケてなかったですね。

むしろ活き活きとした役者の演技が見られたり、下ネタだったり気を使わない作品になってたと思います。

キャラクターも原作にだいぶ近いところまで寄せていっているし、テンポ感もアニメの銀魂を見ているのと変わらないぐらい。

ヨシヒコが好きな人は冒頭の出落ちも笑って見られるくらいの作品に仕上がっていました。

 

 

まとめ

アニメの実写化は結構いろいろな物議をかもしていますが、銀魂はなかなか当たりの作品になったんじゃないかなと思います。

と言うか、演出とかが凄くマッチしていたし、原作好きからしても文句ないくらいの作品に仕上がっています。

言わせてもらえば、高杉晋助役の堂本さんが「俺は壊すだけだ…」って言っているところがすごく中2っぽいなぁって思ったんですよね…。

カッコイイとかいう以前にシュールだったわぁ…www

スポンサーリンク