激レアさん ハゲを治すつもりがまさかの開発「竹内洋子さん」

日常, 健康, テレビ, バラエティ, 解説, 人物

激レアさんを連れてきたという番組をたまたま見ていたら、竹内洋子さんという人が紹介されていた。

ちょっとおもしろそうだと思って、ずっと見ていたんだけれども、この竹内洋子さんが結構すごい人だった。

 

スポンサードリンク

 

コケを頭にぬっちゃうヤバイ人

開発者の竹内洋子さんは、阪神淡路大震災で妻をなくした義父を元気づけるために発毛剤の開発を研究。
もちろん素人なので、なかなか成功しない。

コケに始まり、植物油、焼酎などを義父の頭に塗りつけるもなかなか功を奏しない。
時間が経過するうちに洋子さんの夫もバーコードになってきたため、彼女の研究は更に発展していくことになる。

 

 

歯周病がやばい

そんな中、洋子さんがもともと患っていた歯周病が悪化。
何を思ったのか、開発していた発毛剤を歯茎に塗るという暴挙に出た洋子さん。

もはや何がしたいのかわからない…。

 

そんな中、仏壇に供えてあったコウヤマキがあったことを思い出した洋子さんはそのエキスを抽出して歯茎に塗りつける。
当然、痛みに襲われるも、歯周病が改善していったことで2年もの間歯医者への通院を止めた。

 

 

 

個人が大学に研究委託

久しぶりに歯医者へ行った洋子さんをみてお医者さんはビックリ。
慢性的だった歯周病がほぼ完治している。

そのまま洋子さんはコウヤマキが歯周病に対して効果があるのか大学へ研究を委託。

すると効果があることが実証されてしまったのだ…。

 

マジかよ…。

 

コウヤマキって何?

コウヤマキは日本や韓国に自生している植物で、日本では高野山に多く自生している。

もともとの利用方法は、仏壇なんかに備える植物として使用されていた。

 

ちなみに、ウィキペディアには今回の話しが記載されている。
以下はその抜粋。

 

2011年(平成23年)の大阪歯科大学の藤本らによる論文で、コウヤマキ68%エタノール抽出液中のジイソプロピルエーテル層、ヘキサン層、酢酸エチル層に抗菌効果が認められることが証明され、[9]これを利用した歯磨き用ジェルなどオーラルケア用品も販売されている。元々はオーラルケア用品の開発者が舅の発毛剤の開発のための研究の副産物として見出した効能であり、大阪歯科大学に分析を依頼して有効性が証明された

 

Wikipediaですら発毛剤の副産物として紹介されているからね…

 

コウヤマキ−wikipedia-

 

 

更に洋子は登り続ける

歯周病に対して効果があると実証されたことで、洋子さんは特許を取得。
そのまま会社を立ち上げ、何を話しているのか講演会まで開くことに。

 

最初は、発毛剤から始まったのに、まさかの歯周病の対抗薬を開発してしまう素人さん…。
すごい…!!!

 

こちらがデンタルジェル

こちらが洋子さんの研究を元に開発された歯周病ケアの製品。
洋子さん自身資格等を持っていないので、口腔化粧品なのだけれど、だいぶ効果があるらしい。

 

ちなみに、公式サイトはこちら

 

 

まとめ

まさかの素人さんが、発毛剤から口腔ケア商品を開発してしまうというビックリな実証例。
そもそもコケを頭に塗ろうという発想から、歯茎にぬったらどないやねんとなるのがどないやねん…

 

まぁ、でも面白いからいいよね(^ω^)

スポンサーリンク