MacOS HighSierraにアップデート あんまり変わった感じしない。

パソコン関係, Mac

iOS11のアップデートに加えて、MacOSにも新しいバージョンが追加された。

バージョン名は「MacOS (ハイシエラ)」

今回のバージョンアップは、内部強化の方が強くなっていて、傍目には違っているように見えない。

と言うか実際バージョンアップしてみたけれど、個人的にもどこが変わったんだろうと言う感じがする。

 

スポンサードリンク

 

バージョンアップの時間は1時間弱

バージョンアップの時間は1時間弱くらい。
アップデートのダウンロードをあわせても1時間30分くらいだったので、サクサクアップデート出来た感じはあった。

 

アップデート後に、アップルIDのパスワードがリセットされたとメールが来てアカウントの復旧を行っているんだけれど
もしからしたこれは使用なのかもしれないので、あんまり気にすることはなかったのかもしれない。

こんなトラップがあるとは思っていなかったけれども…。

 

 

ファイルシステムの向上

High Sierraになってから、ファイルのコピーや読込みが速くなったらしい。

まだ自分はその辺の事を試してみていないから、劇的に変わったのか?と言われると微妙なところ

画像(写真)のフォーマットもJPEGではなくHEIFを採用している。

これにより画像の解像度等はそのままに、ファイル容量が半分になったとのこと。

ただ、この画像ファイルも個人的にはJPEGの方が扱いやすいっていうね…。

 

Safariの機能強化

Safariの機能が強化されて、ページごとに自動再生を設定したり、自動でリーダー表示ができるようになる。

またこれは前々からあったのかもしれないけれど、設定にオフラインでも読めるように自動ダウンロードという項目が追加されていた。

他にも強化されたみたいだけれど、普段使いの面ではあんまり気にしなくてもいいかもしれない。

 

自動でリーダーが表示されるのは嬉しいけれど、もう少し軽量化に特化してくれてもっていう思いはあったかな…。

 

メモにピンと表が追加

メモアプリにはiOS11同様に表とピンが追加された。

ピンは上位表示しておきたい物を上に固定しておくことが出来る。

表入力については、iOS11と同じような機能だ。

メモで表ってあんまり使わない…。

 

 

日本語入力が強化

Mac標準の日本語入力が強化されて、英語と切り替えなくても入力がスムーズにできるようになった。

また自動変換も出来るようになっていたが、はっきり言って使いにくい。

しかも文字入力に関してはGoogleが提供しているシステムのほうがはるかに使いやすいので、これもあんまり意味のないアップデートかなと思う。

 

 

MAPに日本の交通機関が登録

MAP機能に日本の交通機関の情報が追加された。

もちろん、iOS11に合わせての追加なんだろうけど、地図アプリはパソコンよりも持ち運びの楽なスマホで十分。

まぁ、GoogleMAPに肉薄してきているのかなとは思うけれど、まだまだGoogleの方が使いやすい気がする。

 

 

非対応になったアプリ

互換性のないアプリケーションが自動的にあたらしいフォルダに入れられるようになた。

ファイルの場所はドライブの直下にある。

幸い今回私が使えなくなったアプリはなかったので良かった。

 

 

まとめ

今回のアップデートで直接的に関係するのはファイルの高速化とSafari関連くらい。

写真はあまり使うことはないけれど、使う時は使うので強化自体は嬉しい。

個人的にsplitViewをもっと使いやすくしてくれないかなぁと思っているんだけれど、まだちょっと先なのかなぁ

今回の一連のアップデートで一番うまみがあったのはiPad何じゃないだろうかなぁ…。

 

あんまり今回のアップデートでこれはすごいっておもうアップデートはなかったかなぁ…

スポンサーリンク