日本で麻薬が蔓延する理由。これは減らない。

日常, 意見, ニュース

よく警察密着取材とかで
危険ドラッグや麻薬使用者が捕まります。

それにしても、毎回毎回使い回しもしないくらいに
よくもそんなにポンポン捕まるもんだと思いませんか?

 

実は日本は麻薬マーケットの大きな市場になっているのです。

 

日本で麻薬がなくならない一番の理由

日本で麻薬がなくならないのは
麻薬に対する処罰が軽すぎるからなのです。

刑罰に関しては、種類が様々あるのですが、
大抵は重くても懲役10年程度です。(あくまで平均)

 

 

これを思いと捉えるのは、日本人の麻薬に対する考え方が非常に甘いのです。

中国などでは、営利目的の場合は死刑もありうるほど思い犯罪です。

 

外国人の場合は強制送還ですから、ほとんどリスクがないんですよね…

 

密輸チェックが緩い

日本でも密輸のチェックは行っていますが
それでも持ち込まれる麻薬

この多くは海からの輸入によってもたらされます。

 

島国であるにもかかわらず
海のチェックが一番甘いんですよね…。

 

以前にも靖国神社に爆弾を仕掛けた外国人が居たりしましたし
もっと荷物検査を徹底的に行うべきなんですよね

 

日本は犯罪者に対して優しい国
というのが海外の視点からは言われています。

いまや、アメリカなどに続き、日本のマーケットは上位になっています。

 

麻薬に手を出して得をすることありません。
それでも手を出す人が多いのは、日本の刑法が外国よりも緩い。

 

死刑に関しても、人権や冤罪の観点からハンコを押さない法務大臣も多いのです
(※死刑判決から6ヶ月以内に死刑執行を命令しなければならない)

 

日本人は保守的になりがちですから
いつか自分がという考えが政治家にもあるのでしょう…。

麻薬を使う政治家なんか、絶対に必要ないのに…。

スポンサーリンク