虫解説「オオスズメバチ」テラフォーマーズから

日常,

久々にテラフォーマーズを読んでいて
いろいろな生物を見ていると、どんな生物だろうと調べずには居られなかったorz

というわけで、ゴキブリの解説はさんざんしているので
今回は別の虫について解説したい。

 

今回取り上げたいのは日本原産にして最強の一角

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーザビー ライダーフォーム 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーザビー ライダーフォーム 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

スポンサードリンク

 

オオスズメバチの生態

オオスズメバチは、虫の中でも凶暴で
害虫の指定もされている。

 

基本的に適応すればどこにでも住み着くのだが
多くは森に生息している。

 

田舎の家なんかには、蜂の巣がぶら下がっていることもある。
ウチの田舎の家にもぶら下がっている(;´∀`)

 

スズメバチの中でも一番からだが大きく
27cm〜45cmにも成長する。

どれくらいかって言うと、手のひら大くらい。

 

彼らは肉食で、主に他の昆虫を食べて居る。
食べるときは毒針で麻痺させ仕留めると、大きな顎を使って肉団子にする。
それを巣まで持っていくのだが、途中でつまみ食いすることある。

 

 

武器は毒針と大顎

オオスズメバチの武器は、毒針と大顎だ。

毒針は内臓と直結しているわけではないので
引き抜いて再度毒を注入してくるし
毒を直接散布させたりもする。

 

更に、針には返しがついているので
引き抜かれるときには肉がえぐれる。

 

毒を散布されたら、すぐにそこから離れよう。
毒には集合フェロモンが含まれているので、他のオオスズメバチも寄ってくる。

 

更に大顎。
人間の肉でさえも簡単に噛みちぎり
かなりの激痛を伴うものらしい。

 

原始的であるからこそ、一番気をつけたい部分だ。

 

スズメバチの毒はアナフィラキシーショックに注意

ハチ科の毒で一番気をつけたいのはアナフィラキシーショックだ。

アナフィラキシーショックは、毒に対して抗体が異常なほど活発になり
正常な細胞さえも破壊してしまうことから起こる。

 

このアナフィラキシーショックは、多くの場合2回目以降と言われているが
1回目でも引き起こされることもある。

 

さらにスズメバチにかぎらず、ハチに一度でも刺されたことがあるのであれば
注意が必要になってくるのだ。

 

勿論、オオスズメバチ自体の毒も危険で
はやく血清を打たなければこれも命に関わってくる。

 

森に入るときは黒い服を避ける

ハチは結構色弱で、色を認識するのは苦手です。
しかし、黒い部分を攻撃すれば相手が怯むことを知っています。

 

オオスズメバチの天敵は、体外が虫以外の生物なので
鳥やクマといった生物から身を守るための本能と言えるでしょう。

 

そして、人間が一番に狙われる部位は「目」です。
黒目の部分めがけて毒を飛ばしたり、刺したりしてきます。

 

できればゴーグル等で顔も保護したいところですね。

 

オオスズメバチに襲われない為にすること

オオスズメバチの事故は年に何回か起こるものですが
やはり襲われないための手段をいくらか講じなければなりません。

 

基本的に、巣には絶対に近寄らない。
カチカチと顎を鳴らしている場合は最終警告です。

 

オオスズメバチの場合は、この最終警告もないと言われています。

 

次に香水や臭いのきついものを持ち込まない・身につけないことです。
人間よりもフェロモンに敏感な虫という生物に、臭いと言うのは格好の的。

 

出来ることならば、ヨモギなどの薬草を燻した煙を
頭からかぶるくらいしたいです。

 

 

オオスズメバチは海外でも危険生物

日本原産のハチですが、一度海外への輸出計画がありました。

と言うのも、アメリカの凶暴なミツバチである「キラービー」の駆除に
オオスズメバチを投入してはどうかという計画があったのです。

 

結果は、十数匹のオオスズメバチに対して、数百匹のキラービーが全滅。
これでは生態系が崩壊するとして、輸出計画はなくなりました。

 

スズメバチ種がミツバチ種を襲うことは珍しくなく
一匹で巣を壊滅することもあります。

 

攻撃を受けたミツバチは数百匹で取り囲み
おしくらまんじゅうをして体温を上げる事でスズメバチを倒しますが
勿論ミツバチにも大きな犠牲が出るのです。

 

スズメバチ1体で、ミツバチ数十匹分の戦闘力があるのですね。

 

まとめ

 

こう言ったら少しおかしい話ですが
日本が誇る最強の一角を担っているオオスズメバチ。

 

見かけたらすぐさま踵を返し、保健所へ連絡しましょう。

 

そのままそこにとどまっていると、逃げ場を包囲され
簡単に命を落とすことになります。

 

出会ってしまったら、まずは顔を守りましょう!
彼らは積極的に顔を狙ってきます。

 

 

スポンサーリンク