生物解説:アリの中でも強い刺しバリ「パラポネラ」

, 解説

テラフォーマーズの1期の艦長である「ドナテロ・K・デイヴス」

彼のM.O手術に使われたのが「」という蟻です。

パラポネラ TF

 

スポンサードリンク

 

日本では「」と呼ばれ
その針に注目されています。

 

24時間のアリとも呼ばれるほど痛みが強い

刺された後に、その痛みが24時間続くことから
「24時間のアリ」とも呼ばれ、ハチやアリに刺された時の痛みは最大であるとされます。

 

またナトリウムチャネルに作用するポネラトキシンという毒も持っており
医療用で何かできないかと研究されています。

 

 

ブラジル先住民の儀式でも使われる

ブラジルの先住民族では、このアリに刺され耐えることが戦士の証とされます。

麻酔で眠らせたパラポネラをヤシの手袋に縫込み
それに手を突っ込んで耐える。

これを繰り返すことで、戦士として認められるのだと言うのです。

 

ただ、先程も言ったとおり、このアリに刺されると
ハチに刺されるよりも痛いと言われているのです。

 

まとめ

昆虫の中でも強い外郭をもち
アリという特性上力も強い。

その上、毒針も持っているというアリの中でも
最強と言っていいかもしれないアリです。

 

日本名があったということも少し驚きなんですが
名前がそのまんまっていうことは、結構好戦的なんでしょうね(;´∀`)

スポンサーリンク