放火は殺人よりも罪が重いのは何故か分かる?

日常, 雑学

検索のキーワードに「放火は殺人より罪が重い 江戸」とあったのが気がかりで、
多分出てきた記事はおおよそ把握できるんだけども
それでは満足の行く答えを出せなかったのではないかと思う。

 

スポンサードリンク

 

ちなみに、放火については現代においても殺人より罪が重い。
建造物などに対する放火は、無期又は死刑となっている。

これは火災によって多くの人の命が危険にさらされるからだ。

放火というのは、無差別殺人と同義と言ってもいいだろう。

 

さて、今でこそ消防車など消火の技術が上がったわけだが、
江戸の頃と言うのはそうは行かない。

町人の住まいは長屋が多く、木造であったのだ。

そして当時の消化方法は、周りの家を壊し、延焼を防ぐ方法しかなかったのだ。
燃えてしまった家はもちろんだが、周り近所に住んでいる人も、
住む場所を失うこととなったわけだから、放火というのは罪が重くなって然るべきというものだ。

放火したものと言うのは、市中引き回しの上で火刑にされるのが一般的だ。

江戸の頃は今よりも多くの人の命を奪う可能性があったからだ。

よく江戸の大火を引き起こしたのが、お菊なんて噂が聞こえてきますが、
彼女が起こしたボヤはすぐに消し止められ、彼女はすぐに罰せられたんだそうな。

最近では糸魚川の大火災や、乾燥によって小さな火災が大火災に繋がる事がふえてますからね…。

皆さんも火にはくれぐれもご注意くださいね!

スポンサーリンク