いじめがなくならないのは1人で抱え込むからだと思う

日常, 雑学, 意見, ニュース, 社会

いじめのニュースはここ最近になって更に加速している
それだけの事実が現実として起こっていることを痛感する。

だがなぜ今になっているのかという疑問が上がってくる。

私もいじめられていた側だからこそ分かるのだが
そういった問題は被害者1人の胸のうちに強く秘められていく。

そうして、問題が明るみになったときには手遅れになることが多い。

 

スポンサードリンク

 

いじめ問題の発端となるような事件は上げればキリがないが
私の記憶の中でも一番戦慄的だったのは小学生同士による殺人だ。

当時の私は中学生だったこともあり
その事件に対してはそこまでやらなくてもと思ったが
思えばあれだけのことをするに至っていたかもしれない。

 

事件は当時小学5年生の女子児童が、
同じクラスの女子児童の喉をカッターナイフで裂き
死に至らしめてしまったというものだ。

 

かなりセンセーショナルに取り上げられたので
記憶に残っている人も多いと思うが、知らなければ調べてみて欲しい。

 

 

なぜこうなるまで彼女を放置したのか?
当時はまだいじめに対して深い理解はなかった。
どんなことが学校で行われ、それに対して被害者がどう耐えているのか

今でもそうだろうと思う。

学校側は保身に走り、児童の見方をしなければならない教育委員会でさえ
問題の追及を恐れ、自身の保身を考えて動こうとしない。

 

 

昔と今で大きく違うのは、いじめという行為に対して
証拠を示す必要がなく、児童がいじめと感じた場合にいじめと認識できる

当時は、何かと証拠証拠といわれて居たのだけども
まだ法改正をしらない大人たちは証拠を求めてくる。

 

子どもというのは常に怯えている。
私のように強く言えるような性格の子はいじめの対象にはなりにくい。
そうならない子をターゲットにしているからだ。

そう言う子は、どうしても言えなくなってしまう。
「報復が怖い」「親に迷惑をかける」「学校に居られなくなるのではないか」
「死んでしまえればどんなに楽だろうか?」「誰も助けてくれない」

子どもたちがこのような感情を抱えて居ることを
教育者のどれほどが知っているのだろうか?
1%に満たないのではないか?

 

 

そういった子どもたちに
「抱え込まなくてもいいよ」
と教えてあげるのは案外と難しい。

子どもたちは大人を信用していない。
それどころか、憎んでさえ居るのだ。

 

今まで何もしてくれなかったのに何が変わるのか?私のこの思いをどうやって処理してくれるのだ?本当に信用してもいいのか?きっと誰かに告げ口するに決まってる。バレたら私はどうなる?そうなったときに本当に助けてくれるのか?いつでもって私の起きてる時間に返信がないじゃないか!即効性を期待しているのに、すぐには難しい?なにそれ。本当に助ける気なんてないんだろう。お前もあの連中と一緒じゃないか。

 

たったの一言に対してだって、いじめられた子はここまで思いを奔流させる。
短気な大人は子どもの答えを待たずにズケズケと自分の考え方を押し付けてくる。

 

「抱え込まなくていいんだよ」「辛かったね」「もう大丈夫だよ」
「でも、自分の悪いところもあったんじゃないかな?」
「どうしたいのかな?」

うるさい!!!

どうしてお前らは人の話を待たないのか?
子どもが不安に思っていることをせかせかと聞き出すのか?
開いてもいない心に土足で踏み込むな。
お前らと話すことでフラッシュバックするのさえ辛いんだ。

 

私もそうだった。

大人なんて信用するだけバカを見るのだ。
自分の保身しか考えていないじゃないか。
どうせ責任の押し付け合いをするのは目に見えているんだ。

 

だからこそ1人で抱え込むしかなかった。
この気持を分かってくれる大人に出会ったことなんてない。

全員が全員神妙な顔をして「辛かったね」「頑張ったね」って
行動を期待しているのに出てくるのは、ああしたらこうしたら

相談したのは、自分じゃもう限界だからだろ。

 

そうやって、大人が誰かに相談するという選択肢を奪っていくのだ。
相談しても何も変わらないと子どもに教えてしまう。
どうしようもないと子どもが行動に出た結果がニュース速報だ。

 

私は知ってほしい。
すくなくとも私が、どう思っていたのかを。
どうして誰にも相談しなかったのかを。

全員が全員、いじめられていた過去に折り合いをつけられるわけじゃない。
教師のひどい言葉を私はずっと覚えている。

 

それを知らないで、いじめ問題を解決しましょうなんて
よくもまぁ口が回るものだと感心する。

 

1人で抱え込ませるように仕向けているのは
周りの大人の心のない発言だと知れ!!

 

閉ざされた子どもの心は、長い時間を使っていかなければ開かない。
それまであんた達が待てるのか?

 

それっぽいことを言って期待をさせるな。
期待させるなら最後までやれ。

出来ないなら話しかけるな!!

 

 

だから暴力に頼るしかないのだ。
変形した人格を作るのだ。

 

まわりの大人がいじめられている子を更に孤独にしているのだ。

私が、自分の中で折り合いをつけるに至るまで
長い時間がかかったのは言うまでもないだろう。

20歳を超えて、やっと声をだすことが出来るレベルだ。

 

まわりの大人たちの態度や言動も、いじめになっていることを理解して欲しい。
そして、子どもたちが期待しているのは、言葉ではなく行動だと知ってほしい。

 

スポンサーリンク