飲み物を凍らせるときは少し少なめに入れる

日常, 雑学

暑い日が続きますけども、熱中症とか大丈夫ですか??

 

やっぱり暑い日が続くと、キンキンに冷えたものを飲みたいですよ
ってな事で、最近はお茶を凍らせて飲んでます。

 

スポンサードリンク

 

ただ、お茶をペットボトルに入れて凍らすときに
最初は満パンまで入れてたんですね!!ミ`・ω・´ミ

 

そしたら、膨張しちゃってちょっと面倒だったんですよ…

 

凍らせると、膨張する

小学校で習うことなんですけども
正直覚えてる人ってそんなに居ないんじゃないかな

俺も忘れてましたwww

 

もうね
ペットボトルがパッツンパッツンになってるんですよ…
帯とか裂けちゃってますからねww

 

開けると吹きこぼれる

そんな状態で蓋をあけると
すこし溶けてた部分が吹きこぼれるんです。

 

結構同じことを繰り返しまして
やっと学習しました…ミ´・ω・`ミ

 

蓋も凍ってて開けづらいのに
/(^o^)\ナンテコッタイ

 

そもそも飲めない

満タンの状態で置いておくと
のみ口部分も氷で蓋がされているんです。

 

だから、溶けてる部分があるのに飲めないんです!!

 

早く飲みたいのに、これでは意味がありませんね…

 

まとめ

以上のことから、飲み物を凍らせるときは
5分の4くらいで入れることをオススメします!!

 

凍らせた後に、開いてる部分に残りを注げば
早い段階で飲むことも出来ますし
なおかつ吹きこぼれがない!!

 

あと、溶けるスピードもちょっとだけ早い気がしますw

スポンサーリンク