kernelパニックを抑える方法。MacBook12インチじゃ意味なし

パソコン関係, Mac

なんか最近、Macが重たいなぁ…
と思ってたんですよね

 

どこかすっきりしない感じがするというか
もたつく感じ…。

 

で、まず気になったのが、「」と「Screen Saver」

どうもこの2つがCPUとメモリを使っている気がする…。

 

スポンサードリンク

 

 

 

早速調べると、こんな記事がありました。

 

φ(゚Д゚ )フムフム…
じゃあ、やってみようか…

 

※初心者向けではありません。自己責任でお願いします

 

記事にはまずターミナルで自分のversionを調べることと書かれています。

system_profiler -detailLevel mini | grep "Model Identifier:"

これをターミナルに撃ちこみます。

すると一番下に、自分の使っているパソコンのバージョンが出されます。

私の場合は Model Identifier: MacBook8,1 でした

 

次に、Finderを開いて下記の場所を探します。

cd/System/Library/Extensions/IOPlatformPluginFamily.kext/Contents/PlugIns/ACPI_SMC_PlatformPlugin.kext/Contents/Resources

ぶっちゃけ分かりにくいので画像で解説します。

まずは「Macintosh HD」をダブルクリックで開き、システム>ライブラリと移動します。

 

システム

 

ライブラリ

 

次に、ライブラリの少し下の方にある「Extension」を開きます。

Extension

開くと色々な「.kext」が並んでいますが、「IOPlatformPluginFamily.kext」を探しだして
右クリックを押して「パッケージの内容を表示」を選択します

 

Platformなんとか

そして中にあるcontentをダブルクリック

中のコンテンツ

すると中に「plugins」があるのでこれを開きます

 

中のプラグイン

そしたら「ACPI_SMC_PlatformPlugin.kext」を先程と同様に
右クリックで「パッケージの内容を表示」を選択します

 

ACPLなんとか

contentの中を確認して

更に中のcontent

「Resources」を選択します

Rsources

これを開けば、色々なプリセットが置いてあるので
自分のバージョンを探しだして、どこかに移動・保存してしまいます。

削除しても問題ないというものもあったんですけど
何が起きるかわからないですからね…(;´∀`)

 

自分のバージョンを探しだして、別の場所へ保存して削除

 

で、私の場合はプリセットが見つかりませんでした…

何じゃそりゃ!!って感じですよね!!

 

めちゃくちゃ苦労して探しだしたのにこれかよ!

 

別段、kernel_Taskに固執しなくてよかった

 

結局だめじゃん!!
と思って、調べ直したんですけど
どうも8Gとか16Gのメモリであればkernel_Taskが700Mくらい使うのは普通らしい…

 

アレ・・・?
じゃあ、今までやってきたことって取り越し苦労ってことですか…?!

 

 

まとめ

今回の記事の対処が必要なのは
kernelパニックと呼ばれるkernel_TaskがCPUを100%以上使ってしまう
そんな時にする対処法みたいですね…

 

まぁ、使っても60%だし、今の段階では問題ないかなぁ…

 

調べてみると、ファンの動きも関係しているから
もともとファンレスのMacBook12インチモデルだと
そこまで関係ないのかもしれない…

スポンサーリンク