ゾロアスター教の悪の神「アンラ・マンユ」

解説, 人物

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%9e%e3%83%a6

 

ゾロアスター教という最古の神教では前の神と悪の神が居ます。
その悪の神の名前が「アンラ・マンユ」

 

アンラ・マンユという名前よりも「」と言ったほうが分かりやすいかなと思います(*>∀<)ノ))

 

ゾロアスターのアンリマユ

ゾロアスターの創造神であるスプンタ・マンユは、もう一人の創造神であるアンラ・マンユと出会い
スプンタは善を選択し、アンリマユは悪を選択したと言われます。

 

その後、アンリマユは16の災厄を創造したり、悪竜であるアジ・ダハーカを生み出します。
しかし、この世が始まる前の戦いで深淵に落とされ
復活の機会を伺っているのです。

 

実態はなく、顕現するときは爬虫類の姿を取るとされます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

Fateのアンリマユ

聖杯戦争が狂ったのは大体がコイツのせいとも言える元凶

 

その正体は、ゾロアスター教の信念のために「この世のすべての悪」を受け持った存在であり
「この世すべての悪」を実現するためになんやかんやします。

 

聖杯に取り込まれると、その概念と融合して
万能の願望機を、「この世すべての悪」を持って成す万能の願望機へと変質させます。

 

例えばお金がほしいと願ったとしたら、銀行強盗が起こってお金が入るとかそんな感じです。

 

 

まとめ

人物というよりは概念としての存在ですから、人物紹介で取り上げるのはどうかなと思ったんですけど
Fateで一応は人形になっているし
エンキドゥとかすでに人じゃないのも取り上げているし、いいかなと思いました(;´∀`)

 

もう神様とか天使とか悪魔とかも人物紹介でいいかな…ww
「人」じゃないけどww

スポンサーリンク