日本最古のストリッパー「アメノウズメ」

解説, 悪魔

正直、新ジャンルを書こうと思ったのは、このアメノウズメを書きたかったからと言っても過言ではない!

なぜなら、それ以外は人物紹介でもいいんじゃないかなぁとか思ってたからね!

まぁ、エンキドゥの時も疑問に思ってたから、いい転機ではあったかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

さて、今回紹介するのはアメノウズメだ。

 

%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%82%ba%e3%83%a1

 

多分多くの人が聞いたことのない名前だと思うのだけど、芸事の世界に生きる人間にとっては信仰してもいいかもしれない。

アメノウズメは芸能の神様だ!

 

 

神名

古事記では天宇受賣命

日本書紀では天鈿女命となっている。

ウズメという意味には色々な説があるらしく、詳しくはウィキペディアを調べて欲しい。

一番有力なのは、強い女と言う意味らしい。

 

 

芸能の神様

後々に解説するが、このアメノウズメは天照が岩戸に隠れた際に、その芸を持って天照を引き出した。

その有様たるや、「神々を楽しませた」のである。

この事から、日本でのコメディアンや俳優の祖とされている。

アメノウズメが芸能の神様であると言うのは、神話から様々な人が当てはめたと言う可能性も捨てきれないが

確かに、人を楽しませ魅了するというのは俳優の仕事それそのものだと思う。

 

 

天照を引きずりだせ!

スサノオがヤンチャした結果

天照は天の岩戸に隠れてしまう。

これが有名な岩戸隠れだ。

結果、太陽神を失った世界は暗闇に包まれてしまう。

これはヤバイと色々な神が集まり会議を開き、あの手この手で天照を引きずりだそうとするのだが、上手くいかない。

そんな時、アメノウズメが一肌も二肌も脱いだのだ。

 

古事記曰く

「槽伏(うけふ)せて踏み轟こし、神懸かりして胸乳かきいで裳緒(もひも)を陰(ほと)に押し垂れき。」 

 

これを現代語訳すると…

桶を舞台にして、アメノウズメは胸乳を露わにすると、紐を陰部に押し付けるなどして官能的な踊りを大胆に踊った。

 

つまりはストリップだ!

 

アメノウズメは岩戸の前で神々を集め、ストリップをやってのけ

それに歓喜した八百万の神々を不審に思った天照は岩戸の中からホイホイ引き出されてしまった訳だ‼︎

何百年前から、ストリップなんてもんがあったんですかねぇ!

そうこれがいいたかった!

 

勿論、天照が引き出された事で、世界には光が戻った訳で

エロは世界を救う!!

まさか、何百年も前からこの真理が書かれていたことに、私驚愕の至りでございます。

 

 

まとめ

アメノウズメは、最近だとパズドラとかモンストで結構目にする機会の多い神格だけども、
ドエロティックに世界を救っていた事は知られていまい…!

正直、私も知らんかった。

 

日本のストリッパーの神様って言っても過言ではないね!!

ありがたや〜〜

スポンサーリンク