治ってもらっては困る病気。病院の本当の利用方法。

日常, 健康, 意見, 社会

日本は医療先進国。
平均寿命は年々上がり、少子高齢化が問題になっている。

この日本で、治ってもらっては困る病気がある事をご存知でしょうか?

それはです。

 

スポンサードリンク

 

ガンというのは、人間ならば誰しもなってしまう病気です。
だからこそ、多くの製薬会社はガンの治療薬を毎年のように開発しています。

でも、完治する薬は絶対に出しません。

治ってもらっては薬が売れなくなるからです。

 

国もそれを分かっているからこそ、認可されない薬があるのです。
また、独占禁止法と言うものがあり、もしガンを完治できる薬が出来たとしても、
結局は価格競争になる事を多くの製薬会社は分かっているのです。

だからこそ、ガンを克服した事は奇跡と言われるのです。

 

が、ガンを治す事は奇跡ではありません

多くの人は、病院の使い方を分かっていないから手遅れになるのです。

 

あなたはどんな時に病院を利用しますか?

「病気になった時に行けばいいや」

そう言う考えがあなたを手遅れにさせてしまっているのです。

 

病院というのは、本来病気を未然に防ぐために行く場所で、早期発見や予防が主な目的です。
だからこそ、いざ病気になってから病院を訪れても、手遅れの場合が多いのです。

病院は治してくれる場所ではありません。
あくまでも、治癒の手助けをする場所です。

 

どこか体に変調をきたしたならば、
もっと悪くなってからじゃなくその時に行くようにして下さい!

 

命に関わるものは、すなわちお金と直結することがままあるため、
儲けを出すことを優先する人だっているのです。

だからこそ、正しく病院を利用して、
あなた自身で病気を克服するのが一番なのです。

スポンサーリンク