勘違いするからやめて欲しいテレビの呼び鈴

テレビ, 意見, ドラマ, 社会

テレビドラマを観ている時に呼び鈴が鳴ったので出てみると誰もいない。
そんな事が何度もあって、ハッとした。

テレビドラマを観ている時しかない!

家の呼び鈴だと思っていたものは、テレビの中から聞こえて来るものだった

 

スポンサードリンク

 

うちの呼び鈴はピンポーンが2回なるような仕様なのだが、
テレビドラマの呼び鈴とまったく同じ仕様で、都度確認に行かなくてはならない。

視聴率を気にするのであれば、即刻やめてもらいたい。

テレビドラマというのは、その時々で本当に紛らわしい。
携帯電話の音もそうだ。

鳴っていないのに、鳴っているんじゃないかと錯覚してしまう。

リアリティを出すために、日常的な音を使いたい気持ちは分かるのだが、
それでドラマに集中出来ないのは制作側のミスとしか言いようがない。

使うな と言うことではなくテレビからの音であると分かりやすくするとか
別の音を使うとか対策は色々とあると思うのだ。

こちらは集中して物語を観ているのに、
その物語自身が集中力をかき乱すかのような事をする。
視聴者に見て欲しいと思っているのかどうかはなはだ疑問に思うのだ。

玄関と部屋の往復をしている間にも物語は進行する。
それを途切らせておいて、番組の評価だったりDVDを宣伝するのって、
ちょっとアコギな商売だなと思ってしまう。

生活音に近いけども、そうではない効果音は必ずある。
もっと視聴者の側に立った番組作りを期待したい。

スポンサーリンク