【閲覧注意】絶対に死ぬ。芽殖孤虫が怖すぎて、寝れなかった

日常, 健康, , 解説

とある寄生虫のことを知って、ゾワゾワとして全く寝れなかった…

寄生虫自体、身体が痒くなるような感覚に襲われるけれども
それが確実な死をもたらして来るものだと知ったら、すごく怖くなった…

私を恐怖のズンドコに落とした寄生虫は「芽殖孤虫」という寄生虫だ

 

スポンサードリンク

 

芽殖孤虫はどんなやつ?

 

見るもおぞましい線虫のような寄生虫。
これが「芽殖孤虫」というやつだ。

報告例が少なく、現在確認されているのは14件だ。
報告のうちの8件が日本での報告で、一番多いのがなんとも恐ろしい。

先進国ではない国では、もっと被害が出ているということなのだろうか…

この芽殖孤虫を取り除くには外科的手術をするしかない。
方法はあるのに、なぜ死亡率100%なのか…

 

死亡率100%!!!絶対に死ぬ

芽殖孤虫に侵入された人間は、100%死んでしまう。
と言うのも、この芽殖孤虫は人間を中間宿主としてしかしていないため
人間の中で成体になることはない。

そして、単体での生殖が可能なので、気づいたときには体中が芽殖孤虫で満たされている。

 

成体にならないということは、どんな生物になるのかが謎なので
薬物療法が意味をなさず、外科的手術で一匹でも取り逃がせば、再度切開する必要がある。

 

どうして気づかないのか?

芽殖孤虫が侵入したことに気づくのは非常に難しい。

奴らは単体生殖で数を増やしながら、身体の至る所を動き回り
臓器などを食べてブクブクと太る。

人が体調が悪いと思ったときには、すでに手遅れのレベルで侵食されている。

 

ひどい場合は、脳を食べて成長しているものも居る。

 

 

侵入経路は不明

芽殖孤虫がどうやって体内へ侵入してくるのかは未だに解明されていない。

報告例では、生焼けの蛙の肉を食べたという報告が上がってきていて
両生類の肉が危ないのではないかと言われているレベルだ。

蛙からの侵入だとすると、最終的な宿主は大型の魚か鳥ということになるだろう。

 

日本での報告例が多いのも、日本が医療大国であることが伺える。
医療の乏しい国では、単純に病死として処理されているんじゃないかと言うことだ。

 

 

謎の多すぎる生物

芽殖孤虫が成体になりうる宿主というのは発見されていない。
しかし、幼虫が生まれ、何かに寄生しているわけだから
必ず最終宿主が存在しているはずだ。

 

また、気づいたときには、すでに手遅れになっていることから
経過観察もままならず、どういう風に移動しているかも分からない。

 

多くの場合、気づくのは目に芽殖孤虫が侵入してきたり
皮膚に侵食してきた場合で、それまでは何事もなく過ごしているのだという。

 

 

怖すぎて眠れなかった

芽殖孤虫の話を聞いた日には、怖すぎてと言うか
身体にゾゾゾと走る悪寒がして寝れなかった。

悪いのは芽殖孤虫に感染した患者がどういう状態かという話で
当時としては謎の奇病に思い切ってメスを入れた医者が見たのは
患部からうじゃうじゃと芽殖孤虫が飛び出してきたのだ。

体内から検出された芽殖孤虫は、800対以上に増えていたという。
そして患者の臓器は、ほぼ全て食べられていたのだとか…

それをよる寝る前に聞いちゃったら、凄く怖いよ!!!!

侵入経路不明、致死率100%、身体の中に虫!!
書いてて、身体が痒くなってきた…

 

まとめ

芽殖孤虫の症例は1900年代から報告されていて、現在で12件程度。
世界的に見ると10年に1人くらいの割合で、日本で言えば、20年に1人居るかいないかだ。

医療の乏しい海外では、もっと多いのかもしれないが
両生類の肉を食べる場合は、十分に火を通してからにしよう…。

 

もしも感染してしまったら、芽殖孤虫から助かるすべはない…

 

致死率は100%なのだ…

 

 

スポンサーリンク