手帳はデジタル派?アナログ派?どっちがおすすめ

日常, 雑学

手帳やノート・メモなんかをデジタルで残すかアナログで残すかって定期的に問題になると思うんですけど、私もどっちがいいのかを問題化してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

私はアナログの方がいいと思う

正直言うと、ほとんどの場合はデジタルに頼ってしまうんですが、私はアナログの方がいいとは思っています。

そりゃデジタルの方が便利は便利なんですよね。特に記事の下書きとか、コピペしたり、簡単に消したり書いたり出来る。

あの話題ってどんなだっけ?どこまで書いたっけ?って検索するのにも時間がかからない。

なによりスマホ一つで操作ができるし書くスピードもかなり早い。

デジタルの方がメリットデカいんだけど…。

ただ、アナログの方が好ましいと思うメリットを次に上げて行こうと思います。

 

アナログである事のメリット

アナログでノートや日記をつけるメリットって言うのは、言われても伝わりづらいと思うんですが、少しでも共感していただけるとありがたいです。

 

・手を動かしているので、覚えていられる。

物を書くときと言うのは、必ずその物事に注力しているんで、意外と書いた事が記憶に残りやすいんですよね。

ちなみに、ボケ防止にもなるとかならないとか

 

・直感的にアイデアを広げられる

マインドマップを書くときとかに、アナログ以上の書き方はないですね。
デジタルでもマインドマップのアプリはあるにはあるんですが、使いづらい!

私のパソコンやスマホにもいくつか入れてあるんですが、本当に使いづらい。
起動するときとかほとんどないです。

 

・自分の証明になる

これはあまり利点じゃないかもしれないんですが、自分の字体ってある種の証明になるんですよね。

ドラマとかでも、遺書がパソコンの印刷だと「怪しい」みたいな感じじゃないですか。

自分で書いたものがあればあるほど、自分自身の証明が多くなるんですよね。

 

・自分の好きなテンプレートを作れる

これもパソコンで操作する事である程度出来るんですが、自分で線を引いたり、図形を描いたりする事で好きなテンプレートを作ることができるんですよね!

 

・勉強になる

生涯勉強が叫ばれる昨今。これ程勉強に繋がることもない!

と言うのは知らない漢字とか調べてそれをもう一度文字に起こすって、地味に勉強になるんですよね。

 

・怪しまれない

会議とかの時にデジタルでメモを取るといい顔されないですよね。
録音くらいは許してほしいけれども、重要な事柄って、やっぱりメモしますよね。

その時はやっぱりデジタルよりもアナログでメモを取った方が好印象でしょう。

 

アナログのデメリット

メリットばかりじゃなく、デメリットも紹介しておきます。

でも、思いつくのが少ない。

・かさばる
・お金がかかる
・サッとメモを取るには練習が必要
・検索するのに時間がかかる

とりあえずこんなところでしょうかね…。

あんまりデメリットになるデメリットがないんですよね

まぁ、お金がかかるって言ってもたかだか数百円レベルですし、検索自体は付箋でも貼って、あらかた同一の事柄でまとめてしまえば良いんですけどねww

 

私の使い方

私がノートを開く時は、ブログのネタを作るときなんかに重宝します。

マインドマップみたいに、ある事柄について思いつくことを書き出して、それを一旦まとめて、スマホやパソコンで文章として書き出すわけです。

このノート術はおいおい紹介しようと思ってるんですが、これのおかげでかけた記事が、「寝るのがもったいないと思う理由」と言う記事ですね。

でもおかげで、自分で思ってた以上の記事を書くことが出来るので、おススメです。

 

まとめ

正直、デジタルでもアナログでも使用用途によってこっちがいいとか悪いとか変わってくるんですよね。

ただ、普段生活する分には、やっぱりアナログの方が利便性が高い。
それを誰かに見せるとした時にはデジタルでって言う感じですね。

どちらかが優れているんじゃなくて、どちらも使いこなせれば言うことなしですよね!

スポンサーリンク