ゴキブリに対して、本当に使える道具。殺虫剤(ゴキジェットプロ)はもう効かない!?

2016年8月24日日常, 雑学,

ある日、家に私がひとりぼっちでテレビを見ながら寝転がっていると、

頭の上に何かがぽっと落ちてきました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

私は髪が長かったので、

上の毛が垂れ下がってきたんだろうと思って、頭を払いました。

 

しかし、眼前に落ちてきたのは、髪の毛ではなく…。 黒光りするGでした…!

 

遊戯王カード 【黒光りするG】 DE04-JP012-N ≪デュエリストエディション4 収録カード≫

 

私は勢い余ってベッドから転げ落ちながら、

なんとかしなくてはと思い至ったのです。

 

そこで、夜10時を回っているにもかかわらず、

スーパーを2つ周り、ドン・キホーテにすらも足を運んで、殺虫剤と毒エサを購入しました。

 

 

 

そして、家に置いてあったアースジェットと

ゴキジェットプロを装備して戦闘開始。

 

ゴキブリは、初めは隠れていたのですが、

アースジェットの牽制でカサカサ出てきたところを、

ゴキジェットプロをゼロ距離から1分以上噴射。

 

流石にもう動かなくなったので、

テッシュをめいっぱい使ってつかもうとした時です。

 

 

 

モゾ……

 

 

 

その瞬間に私の中で何かが切れました。

 

私は、すぐに手をはなし

近場にあったジャンプをその上に叩きつけると、

上から10回以上殴打。

 

後から確認すると、床にはかすかに何かで叩きつけたような跡が…。

 

そして私はすぐさまゴキジェットプロの会社にクレームの連絡を入れました。

 

なぜかって?

即効性って書いてあったのに、悠々と生きてやがったからですよ!!!

 

後日、ちょっと偉い人からお詫びの電話が来ました。

 

なんでも、ゴキブリに即効性があると言っても、

毒が神経に回り切るまでには結構時間がかかってしまう。

 

その時間、1時間くらいだそうです…。

 

つまり、逃がしちゃったけどゴキジェットプロ噴射したから死ぬよってことらしいんですね。

 

いや、それって確かに効くんだろうけど、こっちは速攻即殺したいわけですよ。

 

でも、今はコレが限界らしいです。

あんまり強くすると、耐性をもったゴキブリが出てきてしまいますからね…。

 

 

じゃあ、殺虫剤って意味ないんじゃん?!

って私みたいに思った人も居ますよね。

 

 

安心してください。 殺虫剤以外にも殺す方法があります!

私のような床を傷つける経験をしなくてもいいんですよ…。本当に…。

 


 

<殺虫剤を使わずにゴキブリを殺す手段>

 

・方法1 新聞紙やスリッパで叩く

 

この方法は、実は一番経済的で、即効即殺出来ます。

いくら素早いと言っても所詮は虫。

 

ただし、デメリットもあります。

 

まず、ゴキブリが潰れた時に汁が飛び出す。(書いてて鳥肌立ってきた…)

これが嫌なんですよね…。

 

そして、もっと恐ろしいのが、メスが卵を抱えていた場合です。

 

この時卵が飛び散ってしまい、それが孵ると結局もとの木阿弥です・・・。

 

十分な加減というのは中々難しいですが、コレばっかりは慣れですね。

紙を厚く折ったものを靴下の中に入れ、遠心力をつけると、いい感じになるって、

ベクター・ケースファイルには書いてましたけどもね。

 

 

 

 

方法2 洗剤をぶち撒ける

こちらは、比較的安全かつ経済的な手段です。

虫というのは、体に穴が開いていて、そこから呼吸をしています。

 

なので、水には弱いのです。

 

しかし、みなさんもお気付きの通り、

虫というのは水に沈めてもカナリ長い間生きています。

 

これは、その穴に油成分があって、

それが水を弾いてしまっているからなんですね。

 

 

ということで、洗剤の出番です。

 

物は、「界面活性剤」が入っているものであればなんでも構いません。

食器用洗剤で十分です。

 

ゴキブリを見つけたら、洗剤を直に浴びせかけます。

初めのうちは苦しみますが、最終的には洗剤に溺れて死んでしまいます。

しかし、この方法はどこでも使えるわけではないので、火バサミなんかがあると大変便利です。

 

火バサミでサッと掴んだら、

洗剤を使っても大丈夫な場所へ移動して、洗剤をぶっかけましょう。

 

勿論、捕獲できるものなら、網でもなんでも大丈夫です。

 

 

・方法3 他の虫にも使える冷凍スプレー

 

 

これは本当にオススメできる商品!

すこし割高だけれども、とにかく即殺できるシロモノです。

 

何がスゴイって、吹きかけた瞬間からあいつらの動きが緩慢になります。

 

最後は、全く動かなくなりますので、

カッチカチになるまで吹きかけたら、

テッシュや火バサミなんかで掴んでポイ。

 

その時、なにか袋に詰めてしまってから捨てるのがいいですね。

 

万が一、冷凍状態から復活した場合に備えてです。

基本的には死にますけどね。

 

ただし、火気厳禁なのと、人に向けてスプレーしないこと。

 

殺虫成分はありませんが、殺虫剤よりも人に対しても有効なシロモノです。

ちょっと噴射するだけで凍傷になる危険性があります。

 

 


 

 

上記3つが、ゴキブリに対して非常に優れた手段です。

 

特に、冷凍スプレーは私も愛用していて、ゴキジェットプロよりスマートに殺せます。

一本あるだけで安心感が違いますね!

 

ゴキブリ自体、適応力がすごく、耐性も持ちやすい生物です。

なので、殺虫剤では殺せなくなってくる日が来てしまうんです。

(勿論、強力なものもアリますが、人体に対してカナリ有害)

 

殺虫剤の成分で、ゴキブリではなく人間が死んでしまったら意味がありませんからね…。

 

上記以外でも猫を飼うと、それなりにぶち殺してくれます。

ただし、アパートやマンションなど、猫を飼えるところも多くはありませんし、

飼育代もかかってきますからね…。

 

余裕のある人は、猫を飼って、癒やしと安心を手にしてください!

そして、猫を触らせてください。

 

飼えない人は、上記の方法で頑張りましょう! 今

は殺虫剤よりも、こちらのほうがより早く、より確実に殺せますよ!

 

 

スポンサーリンク


日常, 雑学,

Posted by rino