雑用に意味を考える時点で出世しない

意見, ニュース, 社会

グノシーのコラムにこんなのがあった

 

 

 

雑用を新人にやらせる是非についてのコラムなんだけど
」と捉えるか「」と捉えるかによると思うんだ。

 

スポンサードリンク

 

」と言うと意味のないようなことに思えてしまうんだけど
それも立派な「」の一つと考えることは出来ないのだろうか?

 

私は雑用と呼ばれる仕事は、基本ウチに帰ってからの個人的な頼みのことだと思っている。

例えば、ウチで会議の資料をまとめたりスライドを作ったり
会社でやればいいのに、それをプライベートまで持ち込まなければいけないのは
確実にプライベートの「」だ

 

しかし、コピーなんかは会社で行うし
なによりも上司から「〇〇してくれ」と言われれば、どんな些事でも
」と言い張ることが出来るのだ。

 

 

実際、この問題に直面している人というのは

「そんな雑用はいいから、仕事をしろ」

とか言われた人だと思うんだけど、それに対して
うまく返しの言葉が見つからなかったんじゃないだろうか?

 

「あと〇〇で終わります」

「じゃあ、コピー誰かお願いします」

「〇〇しろって言ったのは誰々の指示です」

 

と、返し方は諸々存在する。

 

 

しかも、私は雑用というのは体の良いサボりの時間だと思っているw

 

身もふたもない話だが、こういうことは一人でやることの方が多い
ともすれば、見ている人はほとんど居ないし、そつなくこなせれば時間は余る。

 

こういう時間を「」の時間として有効に使うことも出来るし
」の時間として給料泥棒することも出来る。

 

 

日本人は何でもかんでも完璧を目指してしまうのだが
それにうまく緩急を着けないと壊れてしまうと思うのだ。

 

 

だから、私は雑用を好んでやる。
サボれるから!!

スポンサーリンク