怖い話を怖くなくするシリーズ3「心臓麻痺」

日常, 健康, ホラー・怪談, 怖い話を怖くなくするシリーズ

今回のはさして怖くはないです。
マジで

 

高校の頃、パチンコに行っててお昼くらいに学校に着いた。 

校門入って歩いて行くと人だかり。体育のマラソン授業中に生徒のAが倒れたらしい。
結局心臓麻痺で亡くなった。 

そいつ、前の日にある有名な栃木にある心霊スポットに行っていた。
そこは森の中にあるプレハブの2階建ての建物で廃墟。

なぜか部屋の中は一面御札だらけ。まるで壁を覆い尽くすように御札が何百枚も貼ってある。
俺も行ったことはあった。

Aは調子に乗ってその御札を剥がしたらしいんだよね。しかもライターで燃やしたり。 そんで、その時一緒にいたBは見たらしいんだ。 片腕のないスーツを着たおじさんがAの胸をナイフで刺したのを。 怖くて言えなかったらしいんだけどね。 

終わり。

 

スポンサードリンク

 

今回の話しと幽霊は全く関係ありません。
基本的に、我々はいつ死んでもおかしくないと言ってもいいでしょう。

 

交差点で、飛び出してきた車に轢かれるかもしれない
人気のない道で通り魔に刺されるかもしれない

普通に生きている分には意識しなくても
死という存在は常に周りに居るのです。

 

今回のお話で考えられるのは「急性心筋梗塞」
これはどんな人間にも起こりうる可能性があるのです。

 

心筋梗塞の大きな原因は、心臓に近い部分に血栓が出きて
血が通わなくなるために起こります。

 

血栓の原因は、高血圧症や動脈硬化が有力とされていますが
血管に小さなキズが付いたり、ストレスでも起こります。

 

おそらく曰くつきのところに行ったという負い目と
そこで何かを見てしまったという虚白観念からくるストレスで
「急性心筋梗塞」を引き起こしたものだと考えられます。

 

医学的な部分で説明できてしまう怖い話でしたね(´∀`)

 

スポンサーリンク