Macをビジネスで使用するとWindowsよりも安いらしい

パソコン関係, Mac, ニュース, 社会

当たり前の話だと思っていたから少し驚きのニュースなのだが、Macをビジネスシーンで活用すると安く済むと言うのだ。

もちろん主流はWindowsだと思うけども、WindowsとMacのコストを短期的に見るか長期的に見るかで大きく変わる。

さらに、個人と組織でも大きく変わるのは当たり前と言えば当たり前だ。

 

スポンサードリンク

 

WindowsのOffice

それに対になるようにあるのがiWorkだ。

ビジネスシーンのみならず、一般でもOfficeの使用するシーンはあるが、個人使用でもそれなりに金額を取られる。

Excelなんかは家計簿をつけるのにも便利だけど、なにかとアップデートでお金を取られる。

 

MacのiWork…

と言うソフトはなくなったに等しいけれども、

Wordのように使えるPage

Excelのように使えるNumbers

PowerPointのように使えるKeynote

 

これらが無料で配布されていて、アップデートも無料だ。

 

なおかつあまり使うことはないが、

音楽作成のできるGarageBand

映像編集のできるiMovie

も無料になっている。

 

 

そして、OSのアップデートも無料でできる上に、データの入れ替えやバックアップも簡単に行える。

 

 

ここで問題になるのが、パソコン本体の値段。

Windowsは安いもので、5万ほどでそこそこの性能を買えるが

Macは最低12万くらいする。

 

普通の人が使う分には、Windowsで十分だろうと思える値段だ…

 

さらに、Macにはフリーソフトが少ない。

有益なソフトの多くが高い料金を支払って買わなければいけない。

ただ、このソフトも一度購入すれば更に金額がかかると言うのは少ない。

 

 

そして、GUIの分かりやすさにおいては、MacはWindowsの上を行くと思っている。

操作方法の説明書を読まなくても、感覚操作で案外どうとでもなる。

だから海外製のフリーソフトでも、なんとかなってしまうのだ。

 

 

Macの寿命だけども、5年は硬い。

私が以前使っていたMacはさすがにバージョンアップに置いていかれたけれど、9年も使っていた。

未だに時々立ち上げることもある。

 

 

短期的に見るのなら、Windowsなのかもしれないが、長期的に見てみればMacの方がコストパフォーマンスはいいのかもしれない。

私の場合はずっとMacしか使ってこなかったからこそ、Macユーザーだけど…

スポンサーリンク