遊びながら演技を上手くするコツを学ぶ!!ごっこ遊びは演技力を上げる!!

日常, 雑学, 意見, 社会

演技が上手くなりたいと思っている人は結構多い。
それこそ、役者さんは勿論だけども、接客業をやっている人とか
ちょっと中二病をこじらせちゃって、他に心配をかけたくない人とか

 

そういう人に限って、つまらない真面目君だったりする。

 

演技をするということは、日常的にやっていることのはずなのだ
それが、途端に演技をしてくださいと言われるとできなくなる。

 

どうすればいいのかと悩みばかり増やすのは
この記事を読んでから考えてみて欲しい。

 

スポンサードリンク

 

そもそも、我々は日常的に演技をしている。
まずはその事を理解しておく必要がある。

 

日常的に演技をしている

 

例えばの話だが、あなたの職場にクソ嫌いな上司が居たとして
その人に対して「氏ね!カス」なんてあなたは言うだろうか…?

 

言わないね。
ぐっとこらえて、すいませんとか言うでしょう。
でも、ココロの中では「このクソ野郎!!」と思っている。

 

もうこれだけで、あなたは甲斐甲斐しい後輩を演じたことになる。

演技という言葉が、あなたの認識を難しくさせているだけなのだ。

 

遊ばないと成長しない

よく遊び、よく学べ
という言葉があるわけだが、遊ばない人は成長しない。

こと演技において遊び心を忘れてしまうと
それは恐ろしい停滞を招いてしまう。

 

なにもゲームをしたり、趣味の時間をもてということでなく
本当に遊びとして演技を楽しまなければいけないということだ。

 

遊びとして演技をするというのは、
取っ掛かりがなければ難しく考えてしまうが
それほど難しいことではない。

 

 

子どもを見て成長しろ

子どもというのは演技力にあふれている。
しかも、変に考えない分思い切りがいいものだ。

おままごと等のごっこ遊びを見てみると
本当にその世界観を共有して楽しんでいるし
台本がないぶん、色々なアイデアがポンポン出てくる。

 

これを学ばない手はないだろう

 

ルールの決まったごっこ遊び

世の中にはTRPGという物がある。
これはテーブルトーキングロールプレイングゲームの略称で
早い話がルールの決まったごっこ遊びだ。

プレイヤーはそれぞれ架空の人物になって
ストーリーを作っていくわけだ。

ロールプレイングは、演技の基本であり
テレビゲームなんかだと、最初からストーリーが決まっているから想像できない人も多いが
TRPGはあらすじとNPCの性格などしか決まっておらず
自分の選択とダイスの女神様次第で、BADエンドもトゥルーエンドも引き起こせる。

 

ただし、あくまでもロールプレイングだと言うことを忘れてはいけない。

 

 

遊び脳からしか、新しいことは生まれない

演技と言うか、いろんなものは選択の結果だと思う。
そこで、何か楽しいことはないだろうかと模索しないと
それは安易でチープなものになってしまう。

 

あなたの頭は素晴らしいものに溢れているのだから
遊び心をもって、それを実行に移せばいい。

 

 

まとめ

遊ばないと演技はうまくならない。
それはどんなことにおいてもそうだ。

何をしたら楽しいかを考えてみて
それを反映させてみるべきなのだ。

結果として、それが演技力に変わっていく。

スポンサーリンク